MENU
社労士独学応援サイト

受験学校を利用するのもあり?

管理人はこと資格試験に関しては、独学を基本としています。苦手分野があってどうしても学習が非効率的になってしまう場合は、受験学校の単一講座を受講する場合もあります。最初から総合コース的なものを受講することはありません。

独学にするのは、お金がかからないという点もそうですし、何よりも自分のペースで学習を進めることができるというのが大きな理由です。しかし、苦手科目が出現した場合には、受験学校に頼ることもあります。

大した金額ではありませんし、その年の試験に合格して資格を取得することが第一の目的であって、受講費用を節約したがために、非効率な学習を強いられ、結果不合格になってしまっては意味がないと考えるからにほかなりません。

自分の手に負えないと判断したら受験学校や通信講座的なものを活用するというのも一つの選択肢として考えておくことをお勧めします。

管理人はここ数年、ゴルフにはまっていますが、はじめてから最初の3ヶ月はレッスンプロについて指導を受けていましたが、それからは週に3回くらい練習場に行っては1人で練習していました。ほぼ1年間1人での練習を続けましたが、成果は芳しくありませんでした。

レッスンを受けた方がいいとは頭では分かっていましたが、資格試験の学習においてもゴルフの練習にしても基本が独学スタイルのため、なかなかレッスンを受ける気にはなれませんでした。レッスン代がもったいないというのもその理由のひとつです。

しかし、上達しない練習を1人黙々と続けたところで練習場に払うお金が無駄になりますし、何より時間の無駄です。ようやくそのことに気が付いてからは、ここ数年間はレッスンプロの指導を受けています。

客観的にスイングの悪い点を瞬時に判断してくれ、修正ポイントを的確に指摘してくれるため、練習効率が格段にUPしたのは言うまでもありません。それまで週3回練習していたのが、週1回のレッスンだけで安定したショットが打てるようになり、結果として費用面でも練習効率も随分よくなりました。

つまりは、社会保険労務士の試験に挑むに当たって、どうしても独学では手に負えないと判断した場合は通信でも通学でも受験学校を利用することを軌道修正の選択肢の一つとして一度検討するのも一考です。

必ずしも受験学校を利用したからと言って合格できるとは限りませんが、独学に向いていないにもかかわらず、独学に固執して、非効率的な学習に陥ってしまい、資格取得という目的を達成できなかったらそれこそ目も当てられません。

ちなみに、管理人は2回目の受験勉強の際、LECの白書対策の講座を利用しています。学習効率を考えてのこと。管理人の受験当時で2万円はしなかったと思います。

最近では、DVDやCD講義を格安で受講できるフォーサイトなどを検討してみるのもいいかと思います。数万円程度から受講できますし、法改正や横断学習などのピンポイント学習なら1万円で受講できます。