MENU
社労士独学応援サイト

難易度の高い科目攻略のために

社会保険労務士の試験をこれから受験しようと思われている方へのアドバイスです。資格試験を目指すに当たって注意すべき点のひとつが学習計画です。どのようなプランで進めていくのも各々の考え方次第ではありますが、試験当日に照準を合わせて、完璧に仕上げなければなりません。スポーツ選手が本番に合わせてピークにもっていくのと考え方は同じです。

そこで注意して欲しいことがあります。それは、難易度の高い科目をあらかじめ抑えておき、その科目にしっかり時間をかけられるよう学習スケジュールを組むということです。苦手科目には個人差はあると思いますが、社会保険労務士試験において難易度の高い科目は年金法です。

国民年金法と厚生年金保険法。この2つに手こずる受験生は少なくないと言います。管理人は1回目の受験では失敗していますので、2回目の受験勉強の際には年金法の難易度が高く、仕上げるのに時間がかかることが分かっておりましたので、学習計画を組む際にも、年金法にしっかり時間が掛けられるよう十分な配慮を行いました。

年金法が得意だという方もおられるでしょうが、いくつもある試験科目の中には予想外に手こずる科目が一つや二つあってもおかしくありません。学習計画に狂いが生じないようあらかじめ、時間を確保しておくのです。

難易度の高い難しい科目に遭遇した際に学習計画に狂いが生じてしまうと、試験当日までにピークの状態にもっていくことができなくなります。そうなると合格もおぼつかなくなってしまいますので、学習計画の際に十分な配慮を行うことをお勧めします。