MENU
社労士独学応援サイト

独学のメリット

社会保険労務士試験を独学で進めていくメリットはいくつかあります。

1.最小限の費用で合格できる

独学のメリットと言えば、何と言っても最小限の費用で合格できるということです。必要な書籍費と受験料、受験時の交通費程度で合格すること可能です。

お金を掛けずに済ませられるならそれに越したことはありません。スクールに数十万円の大金を積んだにも合格できなければ意味がありません。

最悪、独学で合格できなかった場合、それまでの時間を無駄にしてしまうことはありますが、お金に関しての損害は最小限に抑えることができます。

自分の生活スタイルに合わせて勉強を進めることができる

受験生の中には、サラリーマンだったり、学生さんだったり、専業主婦だったりと、それぞれおかれた立場・環境は異なりますが、それぞれの生活サイクルがあろうかと思います。

その限られた時間の中では、毎週定期的に授業に通うことも難しいという人もいるでしょう。特に忙しいサラリーマンなどでは、急に大きな仕事が入ってしまって通学の時間がとれなくなったり、残業などで欠席せざるを得なくなる。

そしてだんだんと通わなくなり、最終的にあきらめてしまうというケースもあるようです。独学の場合、空いた時間に自分のペースでできます。

テキスト選択が自分でできる

これもかなり大きなメリットといえると思います。受験学校の場合は、学校の方で用意されたテキストを使うことになります。例え自分にあわないものがあっても、それを使わざるを得ません。独学の場合は、自分に合ったものを自由に選べます。