MENU
社労士独学応援サイト

独学は不利か?

社労士に合格した頃、友人のWEBサイトで無料で労務相談にのっていたことがありました。労務相談とは無関係な質問もありましたが、その中で社労士試験に臨む上で受験予備校に通った方がいいんでしょうか?独学だと厳しいのでしょうか?といった質問を何度か受けたことがありました。どうして、独学は不利だと思うのでしょうか?

確かに、お金も時間もあって、定期的に通学できるのであれば、受験学校に通うこともひとつの方法だと思います。そもそも、雑誌などで社労士や他の資格などの紹介記事が載っていると、大抵独学が不利な感じに書かれているような印象があります。

気のせいかもしれませんが、大抵そういった雑誌記事は受験予備校のPRも兼ねて広告費とっているケースが多いから独学がちょっと不利なような書き方をしているようにも思えます。この点については、詳しく調べたわけでもありませんので、断定的にお話しすることはできませんが、私が「独学は不利」ということに疑問を呈するひとつの理由をお話しします。

私の友人に英会話学校に2年分の授業料200万円を支払って、授業も休まずに毎回出席して2年間やり終えた人がおります。英語は、ほとんどしゃべれません。ごく普通のOLですから200万円と言えば大金です。

それからもう一人。10年来の友人ですが、英語なんてからっきしだめ。大学受験の時の受験英語が彼の英語学習の最後。しかも海外経験ゼロ。しかしその彼、数年前に英会話の外人講師を派遣する会社を作ってしまいました。英語もしゃべれないのに。

その彼、半年後には英語がぺらぺらになっていました。日常会話ではありません。ビジネス会話です。話すほうだけではありません。英文メールもすらすら書けるようになっていました。たった半年です。お金も一切かけずに。

この2人の違いお分かりになりますでしょうか?一方は、英会話スクールに200万円支払って、全くしゃべれません。しかも2年間通ってです。

もう一方は、授業料1円も払わずして、しかもたった半年で外人と仕事の打ち合わせができるくらいにぺらぺら会話できるように、しかも英文レターもスラスラ書けるようになる。

もう一人紹介しますと、彼女は英会話スクールに1ヶ月間だけ通って、そこの外人講師と友達になって辞めてしまったそうです。彼女も英語は、ペラペラ話せます。

これは、私の身の回りであった一つの事例にすぎませんが、必ずしもそういった教育機関に高いお金を払ったからといっていい結果をもたらすとは限りません。

しかし、教育機関、社労士の受験学校などを真っ向から否定するつもりはありません。要は、入学金や授業などのお金を払って一定期間、そこの授業やテキスト、それから諸々のサービスを受ける権利を買うのですから、存分に活用してこそそのメリットが活きてくるのだと思います。